不眠症の救世主!効果的にCBDを摂取して快眠を手に入れよう

CBDの効果
この記事は約5分で読めます。

CBD(カンナビジオール )の効果として代表的なのが「ストレスの緩和」や「リラックス」「不眠症の改善」が挙げられます。CBDを摂取することによって、眠りを誘い深い睡眠を得ることができるます。

質の高い睡眠はそのまま生活の質を向上させることに繋がるため、ストレスや疲れの溜まりやすい現代人にとってCBDは救世主的な存在になるやもしれません。

今回はそんなCBD(カンナビジオール )と睡眠の関係について詳しくまとめていきます。

CBD(カンナビジオール )が睡眠に効果的な理由

CBDが不眠症の改善などに効果的だというのは商品の説明文を読めば知ることができますが、具体的にどのような作用によって睡眠へと導くのかについて知っていきましょう。

まず、私たちの身体にはあらゆる機能を調整する「エンドカンナビノイドシステム」が備わっています。

このエンドカンナビノイドシステムによって食欲や睡眠、免疫機能などさまざまな機能を調整するのですが、強いストレスを感じることによってこの調整機能が効果的に作用しなくなります。

そのため、ストレスが溜まっていくと睡眠の質が低下したり、眠れなかったりするということが起きますが、その原因の1つにエンドカンナビノイドシステムが作用していないというものが挙げられます。

エンドカンナビノイドシステムの機能低下によってさまざまな疾患の原因にもなることがあるため注意しなければなりません。

CBD(カンナビジオール )を摂取すると機能低下しているエンドカンナビノイドシステムに「カンナビノイド」を補充することができます。そのため、CBDを摂取することで身体のあらゆる機能を調整する働きを活性化させることにつながります。

これがCBDの一般的な効果となります。

CBDがエンドカンナビノイドシステムをサポートすることによって、身体の睡眠を促す調整機能を正常に戻してくれます。

なので、CBDを摂取すると不眠症の改善、睡眠の質向上に効果があると言われているのです。

現代人の睡眠時間は短い

「日本睡眠科学研究所」の公式サイトをみると現代人の睡眠状況に関するコラムが掲載されています。

「現代人と睡眠 現代人の睡眠状況」

https://www.nishikawasangyo.co.jp/company/laboratory/topics/01/

このコラム内で扱われていた情報によるとOECBが発表している世界の平均睡眠時間の中で日本人の平均睡眠時間は7時間43分とされています。

第1位の南アフリカの平均睡眠時間が9時間22分なのに対して、2時間近くの開きがある日本人の睡眠状況。

現代人は特に労働時間の長期化やスマホなどの利用による夜型化によって十分な睡眠時間を確保できていない人が多くいます。

睡眠時間を十分に確保することによって、生活習慣病を未然に防ぎ、身体的にも精神的にも調整を行うことができます。もちろん睡眠の質も重要ですが、中にはストレスによって夜眠れなくなってしまう人もいるでしょう。

そんなときにCBDを摂取し、睡眠の時間と質を確保することができれば生活の質をあげることができますし、身体の健康を維持することもできます。

また、最近ではアメリカ・ボストン大学の研究で「睡眠中に脳内の毒素の清掃作業が行われている」という発表がなされています。

感覚的に睡眠によって脳や体を休めることができるというのは理解できますが、身体にとって害のある毒素を清掃しているとなれば、今後より睡眠の重要性が訴えられていくことでしょう。

「深い眠りが脳の老廃物除去を促す可能性、米ボストン大学研究」

https://dime.jp/genre/807488/

CBD(カンナビジオール )は就寝前に摂取すると効果的

CBDが睡眠や快眠に効果的なのは理解できたと思います。では、どのようなタイミングでCBDを摂取すればいいのでしょうか。

CBDの効果を考えればベストなタイミングとしては「就寝前」です。

寝る前のちょっとした時間にCBDオイルをそのまま摂取してもいいですし、ホットミルクに混ぜるなどして摂取してもいいでしょう。

CBDリキッドを使っている人あれば、寝る前に軽く一服するような感覚でCBDを摂取すればスムーズな睡眠に入ることができます。

Twitter上でもCBDを摂取してよく眠れたという人の声が多く投稿されています。

不眠症が酷い人だと精神科にいって睡眠薬を処方してもらうという人もいますが、できるだけ薬に頼りたくないという人も多いでしょう。

しかし、睡眠に問題を抱えている以上、手を打たなければなりません。そんなときにCBDが役に立ちます。

CBDを使えばスムーズな入眠を迎えることができますし、薬に頼らず不眠症を改善することができるのでおすすめです。

運転前など集中力が必要な場面では使用を控える

CBDを摂取することによって快眠効果が得られるわけですが使い方には注意しなければなりません。寝る前であれば眠くなったとしても全く問題ありませんが、それ以外の場面で問題が生じないわけではありません。

例えば、運転前にCBDを摂取してしまうと眠気を感じる中で運転することになってしまいます。注意力が散漫になってしまい安全上問題が生じてしまいます。

現状として、CBDを摂取してからの運転は法律によって取締りを受けているわけではありませんが、CBD商品の注意書きにも使用後の運転は控えるよう記載されているものばかりです。

眠気が生じるという効果があるCBDは場に応じて使わなければなりません。

効果を感じやすいという人はできるだけ就寝前に限った利用を推奨します。

まとめ

CBDの安全性や効果については国際的な機関にも認められていますし、研究によってあらゆる効果が実証されています。CBD商品のラインナップも増えてきていますし、自分にあった方法で使い始めることができるでしょう。
皆さんもCBDを生活に取り入れて睡眠の質を向上させてみましょう。

CBDが気楽に始められる