健康・医療分野で大注目!CBDの成分や効果を解説します

CBDの効果
この記事は約9分で読めます。

アメリカを中心に人気を集めており、徐々に日本でも認知度が高まりつつある「CBD」。健康食品やサプリメント、あるいはVAPE用のリキッドとしてCBDが含まれた商品が至る所で販売されています。

この「CBD」ですが、実は日々の生活を改善する効果を持っており、健康分野のみならず、医療分野でも注目されている成分でもあります。今回は「CBD」がどのような成分なのかや、CBDの効果について解説していきます。

CBDとは?

まずは、「CBD」という成分がどのようなものであるかを正確に把握していきましょう。

大麻と勘違いされて理解されることも多く、必要以上に警戒してしまうかもしれませんが、正確な知識を理解しておけば、健全な成分であることが理解できます。

「CBD」は「カンナビジオール」と呼ばれる成分で、麻に含まれています。麻と聞くと「大麻」が連想されてしまいますが、CBDと大麻は全くの別物です。

そもそも大麻が幻覚作用などを引き起こすのは「THC(テトラヒドロカンナビノール)」と呼ばれる成分が含まれているためです。これは主に麻の花冠や葉に含まれています。日本の法律では、このTHC(テトラヒドロカンナビノール)が違法成分として厳しく規制されています。

一方、CBD(カンナビジオール)は、麻の茎や種子に含まれています。また、CBDはTHCのような幻覚作用を引き起こす成分ではありません。同じカンナビノイドという成分の種類ではありますが、摂取することによる作用も異なりますし、麻から抽出される部分も異なります。

そして、CBDは日本の法律でも規制を全く受けていない成分です。ドラッグのような幻覚作用などが生じないので当然なのですが、よくいわれる疑問でもある「CBDは合法なのか?」という問いに対する結論としては「合法」となります。

CBDには、日々の生活を改善するためのさまざま効果が期待されているといわれており、アメリカを中心に注目を集めている成分でもあります。そして、健康食品やサプリメント、リキッドなどの商品として幅広く販売されています。

CBDを使った商品は日本でも当たり前のように販売されています。試しに有名なECサイトなどで「CBD」というキーワードで検索してみるといいでしょう。CBDがいかに一般的な商品かが理解できると思います。

それでは、CBDについて基本的な内容が理解できたところで、気になる効果について見ていきましょう。一体CBDのどのような効果が人気を集めているのでしょうか。

CBDの基本的な効果

現時点で市販されているCBDを使った商品の効果には、このようなものが挙げられます。

  • ストレス軽減
  • 不安の抑制
  • 睡眠改善
  • リラックス効果

など

市販されているCBDの効果を見てみるとだいたいこのような文言が記載されています。

これはCBDが脳内の受容体に作用することによって、生じる効果でもあります。

日常生活ではときに強いストレスを外部から受けたり、日々のストレスが蓄積して身体のあらゆる機能に支障をきたすことがあります。CBDはこれらの身体機能の働きが弱まっているのを改善する効果を持っており、これが表面的には「ストレスの軽減」や「睡眠の改善」といった形であらわれます。

日々の生活に疲れていたり、最近眠れなくなってきていたり、ストレスを強く感じることが多くなってきている人におすすめです。

医療分野でも注目されるCBD

まだ研究段階で実用化されているわけではありませんが、CBDには上記の効果以外にも医療分野で活躍が期待されていることがあります。

今後あらゆる治療にCBDが活用される可能性も指摘されており、そういった意味でも注目の成分でもあります。

ここではCBDの医療分野での応用が期待される研究について紹介していきます。

鎮痛・抗炎症作用

もともとアメリカなどでは、大麻が医療目的で使用されることが多々あります。さまざまな目的がありますが、その1つが鎮痛効果や抗炎症作用です。それと同様にCBDにも鎮痛効果や抗炎症作用が充分認められています。

CBDを使った商品の中にはオイル化した「CBDオイル」というものがありますが、これを肌に直接塗ることによって、これらの効果を得ることが可能です。

うつ病

CBDには不安を軽減する効果があると認められています。この効果の延長線上としてうつ病の治療薬にも使われる可能性があります。医学的な研究では、CBDの摂取によって心拍数が上昇するのを抑制したり、PDSDの改善にも効果があるといわれており、うつ病を改善するためにCBDが利用される可能性は非常に高いと言われています。

アルツハイマー病・パーキンソン病

CBDには、アルツハイマー病の原因となる成分の働きを抑制する効果があるという研究が行われています。同様の働きがパーキンソン病でも効果があるという研究も進められており、これらの病気の治療薬となる可能性を秘めています。

精神病

まだ研究中ではあるものの、統合失調症の患者に対する比較試験において、CBDの投与によって幻覚や妄想といった症状を抑制する結果が示されています。このような精神病においてもCBDが治療薬として利用されることが期待されています。

てんかん

脳の神経細胞の異常な活動によって引き起こる神経疾患でもある「てんかん」。CBDの投与で、このてんかんに伴う発作の症状を減少させる効果が見られる試験結果が発表されています。

まだ研究段階ではありますが、将来てんかんに対する有効な治療薬としてCBDが利用される日も遠くありません。

これらのCBDの効果については現段階では研究でその効果が示唆される程度のことではありますが、将来的に大きな可能性を秘めている成分であることは間違いありません。

現在、商品として販売されているCBDに関しては、これらの効果を期待することはまだできませんが、少なくとも上記の「ストレスの軽減」や「不眠改善」「リラックス効果」は得ることができます。

CBDはどうやって摂取する?

日常生活のストレスや疲れなどを緩和する効果が得られ、医療分野でもさらなる応用が期待されている「CBD」。ここまで読むと、CBDについて少し興味が湧いてきたかと思います。

ここからはCBDを摂取する主な方法をまとめていきます。どのような商品を購入して、どのような形で摂取していくのかを知り、自分に合う方法でCBDを始めてみましょう。

CBDオイル

麻から抽出したCBDをオイルにした商品です。CBDオイルは分類としては食品に該当するので口から摂取します。

主な方法としては、直接舌に垂らして摂取する、食品や飲み物に混ぜて摂取するなどが挙げられます。また、肌に直接塗ることによっても効果が期待できます。

CBDオイルの特徴としては、使いやすさの点でメリットがあります。特別な器具などは必要なく、CBDオイルをそのまま摂取する形になるので、始めて購入するのにもぴったりです。

ただ、CBDオイルには独特の癖のある味があるため、それが苦手という人も中にはいます。味の濃い食べ物や飲み物と混ぜて食べることで、ある程度は緩和できます。

さらに、摂取したCBDに対して、体内に吸収されて効果を発揮する効率を示す「生体利用効率」という指標があるのですが、CBDオイルの場合、生体利用効率が15%程度といわれており、効率は必ずしも良くはありません。マイルドという言い方もできますが、値段あたりの効果で考えるとコスパについては疑問が残ります。

CBDリキッド

リキッドというのは、電子タバコ(VAPE)に使われる物です。VAPEは、液体状のリキッドから電力によって蒸気を発生させて吸引するという新しいタバコの1つです。

CBDリキッドは、このVAPEで使われるリキッドにCBDが含まれているものです。蒸気化したものを吸引してCBDを摂取するという方法となります。

CBDリキッドのメリットとしては、先ほどCBDオイルで指摘した生体利用効率が50~60%と比較的高いことにあります。効率よくCBDを摂取するのに適している方法とも言えます。また、CBDリキッドは蒸気化する分、独特の癖を緩和することもできます。

商品によっては、さまざまなフレーバーがラインナップされているので、香りを楽しむこともできます。

ただ、CBDリキッドを使う上では、VAPE本体を用意する必要があります。タバコを吸ったことのない人にとっては馴染みのない製品でもありますし、知らない人には敷居が高く感じるかもしれません。

CBDを購入する方法は?

CBDが含まれる商品を購入する方法を挙げていきます。アメリカでは人気を集めているCBDですが、日本での認知度はまだまだです。コンビニなどで販売されているわけではないので、どこでも手に入るというわけではないのが現状でもあります。

ここでは、CBDが販売されている場所をいくつかあげていきます。

大手ECサイト

楽天市場やAmazonなどの大手ECサイトでは、CBD関連の商品が多数販売されています。

試しに「CBD」で検索してみるとわかるのですが、ありとあらゆるCBDオイルやCBDリキッドが売られています。

このようなサイトからCBD商品を簡単に購入することが可能です。

専門ECサイト

VAPE専門のECサイトやCBD専門のECサイトなどでも、CBDオイルやCBDリキッドが販売されています。

専門サイトならではの品揃えと情報量の多さが魅力的です。そういったECサイトでは、VAPEやCBD商品の基本知識についてもまとめられていることが多いので、初めて購入される方も充分に理解した上で購入できます。

VAPEショップなど

店舗を経営しているVAPEショップなどでもCBDリキッドの販売が行われていることがあります。

このようにまだまだ至る所で購入できるわけではありませんが、CBD商品の購入場所は多岐に渡ります。

CBDを購入するときの注意点

最後にCBD商品を購入するときに注意すべきことをまとめていきます。CBD自体は合法な成分で全く問題はないのですが、商品選びは慎重に行う必要があります。

まず重要なのは信頼のできるメーカーの商品を購入することです。粗悪なCBD商品では、商品にCBDだけではなく、THCが含まれていることがあります。THCは違法成分で、これらの商品を購入するとトラブルの原因にもなりますし、使用によるリスクも伴ってしまいます。

そのため、信頼できるメーカーから購入すること、そして、信頼をするための条件として、製造過程の管理体制や成分証明、第三者機関の管理など、異物が購入しないような体制がしっかりと確立されているかを確認する必要があります。

まとめ

CBDの効果について解説していきました。日常的なストレス生活から解き放たれる可能性を秘めた成分でもあり、現代人に必要なアイテムの1つになる可能性もあります。さらに医療分野での応用も期待されているため、今後CBDが治療薬として活躍するかもしれません。 まだ使ったことがない人は、ぜひ試しに購入してみてください。

CBDが気楽に始められる