CBDオイルの使い方は?リキッドと何が違うの?飲めるの!?

CBD製品
この記事は約7分で読めます。

リラックスや睡眠改善などの効果が期待されている「CBD」。日本でも普通に購入することができるようになっており、これから人気が高まっていくことが予想されています。

認知度はまだ低いですが、愛用者は徐々に増えており一般的な商品として使われる日もそこまで遠くはないでしょう。

この記事を見ている人の中にも「CBD」が気になって購入してみたいと考えているかもしれません。

CBDを始めるには、「CBDオイル」や「CBDリキッド」が主な選択肢となります。それぞれ特徴や摂取方法が異なるのですが、今回は「CBDオイル」について詳しく解説していきます。

どのような商品が販売されており、どのような摂取方法があるのかなど詳しくみていきましょう。

CBD(カンナビジオール )とは?

CBDは「カンナビジオール 」という名称の成分を指します。主に麻を原料に抽出される成分でもあります。麻が原料とはいっても「大麻」とは大きく異なります。

大麻は麻の「葉・花冠」などが抽出され、それに含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)によって幻覚作用を引き起こすことで知られています。

一方でCBDは麻の「茎・種子」から抽出される成分でTHCとは異なり幻覚作用などは引き起こしません。あくまでリラックスや不安軽減などの効果に止まるので体への害や精神活性作用はない合法的な成分です。依存性などもないと認められており、危険性が低い成分でもあります。

日本でもTHCは違法成分ですが、CBDは合法な成分として認められています。

そして、CBDは現在アメリカを中心に人気を集めています。CBDリキッドやCBDオイルだけではなく、CBD入りの食品なども販売されており、成長産業として注目を集めています。

日常生活などで強いストレスを感じている人や不安を抱えている人など、精神的なケアを必要としている人にとって強い見方となる存在です。

CBDオイルとは?

CBDオイルは、麻から抽出されたCBDをオイルで希釈した商品です。食用のオイルとして口から摂取するのが一般的な使い方になっています。

VAPEと一緒に使って蒸気化したものを吸引する「CBDリキッド」とは異なり、CBDオイルの摂取には特殊な機器などは必要ありません。

摂取方法には「直接舌に垂らす」「飲み物・食べ物に混ぜる」「肌に塗る」などがあり、初めてCBDを使う人にとっては気軽に始めることができる商品となっています。

寝る直前などに摂取すればリラックス効果が得られ、スムーズに眠りにつくことができるようになります。

CBDオイルの特徴

CBDオイルの特徴について紹介していきます。CBDリキッドと比較してどのようなメリット・デメリットがあるのかなども詳しくみていきましょう。

そのまま使える

CBDリキッドの場合、VAPEとセットで使う必要があります。電子タバコを持っていない人は新たに機器を購入する必要がありますし、タバコに慣れていない人にとっては使いづらいかもしれません。

CBDオイルはオイル以外に購入しなければならないものはありません。強いて挙げるとすれば、混ぜるための飲み物や食べ物ぐらいといったところです。簡単にCBDを始めることができるので初めての方にもおすすめです。

生体利用効率は?

「生体利用効率」は摂取したCBDに対して、どれぐらいの割合で効果を発揮するかを表した指標です。CBD商品に関しては、CBDオイルよりもCBDリキッドの方が生体利用効率が高いといわれています。

それぞれ「CBDリキッド:約50~60%」「CBDオイル:約15%」となっており、CBDリキッドの方が効果をより強く実感することができるでしょう。

ただ、だからといってCBDリキッドの方がいいというわけではありません。初めてCBDを使う人にとってみれば、あまり効果が強すぎても不安になってしまいますよね。CBDオイルは言い方を換えれば、CBDリキッドよりもマイルドな商品といえます。

なので、初めてCBDを使うというのであれば、CBDオイルから始めてみるといいでしょう。

味について

CBDオイルは直接口から摂取する使い方をします。当然CBDオイルの味を感じることになるのですが、この味については独特の癖があります。麻っぽい青臭い感じがあるため、この味が受け入れられるかどうかが重要でしょう。

いくら効果があっても口に入れるのが億劫になるほどの味だと嫌ですよね。もちろん飲み物や食べ物に混ぜることでこれらの味を薄めることも可能です。

CBDオイルの使い方を詳しく解説

次にCBDオイルの使い方について詳しく解説していきます。直接的な経口摂取から飲み物・食べ物と混ぜる摂取方法、肌に塗ることでどのような効果が期待できるのかなどについて触れていきましょう。

直接舌に垂らす

CBDオイルを直接舌に垂らして摂取する方法です。一番シンプルな方法ですね。CBDオイルを数滴舌の上に垂らしてから飲み込みます。

摂取量などは商品によって異なりますが、適量を間違えないようにしなければなりません。CBDの味をダイレクトに感じることになるので苦手な人もいるかもしれません。

飲み物に混ぜる

CBDを飲み物に混ぜて摂取する方法です。一般的には水やジュース、牛乳などがあります。CBDの味を薄めて摂取することができるので続けやすい方法となっています。

飲み物と混ぜる際の注意点としては、「熱い飲み物に混ぜない」「コーヒーなどと混ぜない」などがあります。

熱い飲み物に混ぜてしまうとCBDの成分が変質してしますため効果を得ることができなくなります。また、コーヒーなどの場合、カフェインが含まれているので、それらと一緒にCBDを摂取しない方がいいでしょう。同様の理由でアルコールも推奨されません。

食べ物に混ぜる

食べ物にCBDオイルを混ぜて摂取するといったパターンもあります。組み合わせる食べ物はさまざまで、ヨーグルトやはちみつ、ナッツ類などが一般的です。パンケーキやスープ、スムージーなどに混ぜても美味しく摂取することができます。

肌に塗る

口からの摂取以外だと「肌に塗る」といった使い方もできます。CBDには不安軽減やリラックスなどの精神的な作用以外にも鎮痛作用などが認められており、肌に塗ることによって炎症を抑えるなどの効果が期待できます。

オイルとして希釈されている商品なので、ボディクリームのようなイメージで使ってみるといいでしょう。

CBDオイルはどこで買える?

CBDオイル自体は国内でも流通していますが、販売場所があまり多くないというのも現状です。なので、ここではCBDオイルを購入できる場所を紹介していきます。

Amazonや楽天市場などで「CBDオイル」と検索してみると幅広い商品をみることができます。

CBDオイルを購入するときに注目するべきポイント

CBDオイルをいざ購入してみようと商品を選んでいる段階で、各商品さまざまなセールスポイントを打ち出していることに気がつくでしょう。共通する内容もありますし、初めて購入される方にとっては、1つ1つの意味もわかりにくいことでしょう。

ここでは、CBDオイルを購入する際にみるべきポイントを挙げていきます。CBDオイルの商品ページによく記載されている言葉の意味を知って自分に合う商品を選べるようにしましょう。

フルスペクトラム

CBDオイルの商品ページにこの言葉がよくかかれてあることに気がつくと思います。ただ、CBDについて詳しくない人にとっては何を指し示す言葉なのかわかりにくいでしょう。

まず「スペクトラム」という言葉には「多様な」や「種類が多い」といった感じの意味があります。「フルスペクトラム」というのは、多種多様な成分が含まれていることを示しています。

そもそもCBD自体がカンナビノイドという成分の1種であり、その他にもさまざまな成分があります。

フルスペクトラムのCBDオイルというのは、CBD以外の自然由来のカンナビノイドも含まれているという意味であり、より天然に近い状態で薬理効果が高いことを示しています。

濃度

CBDオイルによって「○○%」といったような濃度が記載されています。これはオイルに対するCBDの濃度を指す数字ですが、当然ながら濃度が高い方がより強い効果が得られています。

商品によって濃度はさまざまに設定されていますが、「1%、5%、10%〜」などさまざまです。初めてCBDオイルを購入される方であれば1%ぐらいの濃度から始めてみるといいでしょう。そこから徐々に濃度を上げていき自分に合う濃度を見つけてみてください。

おすすめのCBDオイルは?

ここではおすすめのCBDオイルを紹介していきます。人気の高いCBDオイルを紹介していくので、初心者でも安心して購入できるでしょう。

まとめ

CBDオイルについて紹介していきました。CBDオイルは手軽に始めることができるのが魅力でもあり、初めて使うという人でも扱いやすいのが特徴です。 日常生活のストレスや不安を緩和し、日々のセルフケアに役立つCBD。気になっている方はぜひとも試してみてください。

CBDが気楽に始められる