CBDリキッドってなに?どうやって使うの?なにがいいの?

CBD製品
この記事は約7分で読めます。

アメリカを中心に人気を集めている「CBD(カンナビジオール)」。日本でも徐々に認知されており、CBDが含まれた商品が販売されています。未だ日本では、馴染みの薄いCBDですが、リラックス効果やストレス軽減効果などが期待されることから、ストレスの多い日常生活に取り入れることで、有益な効果が得られるといわれています。

CBDを始めるには、CBDが含まれた商品を購入する必要があるわけですが、CBD商品には大きく分けると「CBDオイル」「CBDリキッド」の2つがあります。

それぞれ特徴があるわけですが、今回は「CBDリキッド」について解説していきます。どのような商品で、どのような使い方ができるのか。そして、リキッドという特性を踏まえた上でのメリットなどを理解していきましょう。

CBD(カンナビジオール)とは?

まずは、CBDについて簡単に触れていきます。

CBDは「カンナビジオール」という成分で、主に麻から抽出されます。麻といっても、大麻に含まれる「THC(テトラヒドロカンナビノール)」とは異なります。

日本の法律では厳しく規制されている「THC」には、摂取すると幻覚作用などを引き起こすという特徴がありますが、「CBD」にはそういった作用はありません。

安全性も高く、身体依存も見られない成分でもあり、日本の法律でもCBDは規制の対象になっていない成分です。

そんなCBDですが、摂取することによってリラックス効果や睡眠改善、ストレス軽減などが期待されており、日常生活で受けるストレスを緩和し、セルフケアを可能とする成分でもあります。商品として販売されている「CBD」は、健康食品やサプリメントに属しており、そういった点からも安全な成分として見なされていることがわかります。

CBDリキッドって何?

CBDを使った商品には「CBDオイル」と「CBDリキッド」の2つがあります。

CBDオイルは主に経口摂取を目的とした商品で、直接口に垂らして摂取したり、飲み物や食べ物に混ぜて摂取します。直接肌に塗るなどの使い方もあります。

CBDリキッドは、電子タバコ(VAPE)で使用される液体状のリキッドにCBDが含まれているものをさします。VAPEは、電力を用いて液体状のリキッドを加熱し、発生させた蒸気を吸引するという新しいタバコの一種です。

すでにVAPEを愛用している方であれば、CBDリキッドを購入してお使いのVAPEで楽しむことができますし、タバコを吸ったことがないという人でも、VAPEとCBDリキッドを揃えれば簡単に始めることができます。

CBDリキッドの特徴

CBDリキッドの特徴を紹介していきます。主にはCBDオイルとの違いを挙げていくので、どちらの商品が自分に合っているかを検討してみてください。

生体利用効率が高い

「生体利用効率」というのは、摂取した成分に対して、それが効果を発揮する割合を表す指標ですが、CBDオイルよりもCBDリキッドの方が生体利用効率が高いと言われています。

具体的には、CBDオイルの生体利用効率が15%程度と言われているのに対して、CBDリキッドで蒸気化したものを吸引する方法では、50~60%ほどといわれています。

一言でいえば「CBDリキッドの方がコスパがいい」という話になりますが、よりCBDの効果を強く実感できるのは、CBDをVAPEで摂取する方法ということになります。

CBD独特の癖がない

CBDには、独特の青臭い味があり、CBDオイルの場合、それがより強く感じられてしまいます。中には、CBDの味が苦手という人も多く、この部分はCBDを継続する上で重要なことでもあります。

CBDリキッドの場合、VAPEによって蒸気化したものを吸引するため、CBDの独特な味は薄まります。また、CBDリキッド自体にも多様なフレーバーが添加されたものが多く、そういったフレーバーリキッドを使えば、癖のある味もより緩和されます。

コスパが良い

生体利用効率の話もそうですが、CBDオイルよりもCBDリキッドの方が価格も安い傾向にあります。継続的にCBDを利用することを考えれば、かかる費用はより安い方がいいですよね。

CBDリキッドの方が効果でも価格面でもコスパに優れているのでおすすめです。

VAPEが必要

CBDリキッドの難点があるとすれば、摂取するためにリキッドだけではなく、VAPEを用意する必要があるという点です。電子タバコのことですが、普段使っている人であれば問題ありませんが、使ったことがないという人にとっては、新しくVAPEを購入する必要があります。

購入費用に関してはそこまで負担になりませんが、肝心な問題としては、どれを購入すればいいかわからないという点にあります。

VAPEと一口にいっても、さまざまな種類や特徴があるため、CBDリキッドに適したものを選ぶことを考えると、初心者には少し難しいかもしれません。

CBDリキッドに合うVAPEは?

CBDリキッドを使うためにはVAPEを用意する必要があります。VAPEにもさまざまな種類がありますが、CBDリキッドを使う以上は、リキッドを補充して使えるタイプのVAPEが必須となります。

VAPEには、リキッドが充填されたカートリッジを交換するタイプのものもありますが、それではCBDリキッドを使うことができないので注意してください。

また、CBDリキッドに合うVAPEを選ぶことも重要です。よくVAPEには「爆煙タイプ」と呼ばれる機器があります。これは燃焼温度が高めに設定されており、より多くの蒸気を発生させるという特徴を持っており、吸いごたえや見た目などからVAPEを使っている人に愛用される傾向があります。

しかし、燃焼温度が高いとCBDの成分が失われてしまい、せっかくの効果が無駄になってしまいます。「だったら低温タイプを購入すればいい」と思いますが、そういうわけでもありません。

低温タイプだと逆にCBDが蒸気化されないため、こちらも効果が薄まってしまいます。

なので、結論としてCBDリキッドに合うVAPEの条件としては、「温度管理ができる」ということが挙げられます。CBDの効果をより効率よく実感できる燃焼温度に調整することができれば、CBDの効果をより高めることができます。

CBDリキッドを使う上では、CBDリキッドに合ったVAPEを選ぶようにしましょう。要点は「リキッドを補充できる」「温度管理ができる」の2点です。あとは初心者でも使いやすいような設計がなされているものなどを選びましょう。

CBDリキッドはどこで購入できる?

CBDリキッド自体は国内でもまた認知度が高くない商品でもあるので、ドラッグストアなどで購入できるわけではありません。また、当たり前のように購入できる場所は多くないですが、購入すること自体は簡単にできます。

例えば、Amazonや楽天市場などのECサイトで購入することができます。これらのサービスで「CBDリキッド」と検索してみれば、幅広い商品が販売されていることが確認できます。

こういったECサイトからCBDリキッドを購入することもできますし、VAPE専門店で販売されていることもあります。

主に輸入商品などを取り扱っているVAPEやリキッド専門のECサイトやVAPEを取り扱っている店舗などで、CBDリキッドの購入が可能になっています。

どこでも買えるというわけではありませんが、簡単に購入することができます。

おすすめのCBDリキッドを紹介

ここでは人気の高いおすすめのCBDリキッドを紹介していきます。初めてのCBDリキッドを購入されるという方や人気のCBDリキッドが知りたいという人は参考にしてみてください。

CBDリキッドを購入するときの注意点

CBDリキッドを購入するときの注意点をまとめていきます。最も重要なこととしては、信頼のできるブランドの商品を選ぶということです。CBD自体は合法な成分ですが、製造管理が杜撰な企業が生産している場合、異物が混入している可能性もあります。CBDリキッドに違法なTHCが含まれていた場合、トラブルに発展する可能性もありますし、人体へのリスクも考えられます。

なので、人気の高いブランド、製造管理が徹底されているブランド、口コミやレビューなどで高評価を得ているなどを参考に、安心して購入できる商品を選びましょう。

まとめ

CBDリキッドについて解説していきました。手軽に始めることができますし、VAPEということもあり、禁煙したい人にもおすすめです。日常生活ではストレスを強く感じることが多々ありますが、それらの調整役としてCBDを取り入れてみてください。

CBDが気楽に始められる